離婚の方法はたくさんあるの?

離婚をするにあたり、相手が同意してくれないから離婚ができない、同意するまで説得するしか無い、と思い込んでいる人もいると言われています。

離婚をするための方法には、話し合いによる協議離婚だけではなく、離婚裁判といったように方法がいくつかあります。

協議離婚は、お互いが離婚について話し合いをし、同意したうえ、離婚届にサインをして、役所に提出することで成立します。話し合いによって離婚を行うため、離婚に関する条件等はお互いの言い分をすりあわせて決めることになります。離婚調停など、裁判所を利用して、第三者に間に入ってもらい、離婚の同意をしやすくするのも協議離婚の1つです。

話し合いによって離婚が成立しない場合には、裁判によって離婚をすることができます。これは離婚裁判と呼ばれており、裁判所に離婚に足る理由と証拠をまとめて提出し、裁判官が夫婦関係を継続させることが難しいと判断した場合に、離婚を認めるものです。結婚が法的な契約である以上、離婚も法的な手続きによってしかできないため、話し合いがまとまらない場合には、裁判所が法的な判断をして離婚を認めるようになっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ